「相続税は倍払う」が「資産も倍残す」という発想法

Pocket

「資産保全」という考え方

アメリカやスイスには「相続税を節税する」という考え方がありません。
このように聞くと驚かれる方もいるかもしれませんが、欧米諸国では富裕層の対応の歴史が長く、日本とはそもそも相続税に対する考え方が異なります。

では一体どういうことなのでしょうか。

それは「節税する」ではなく、「資産を守る」ことに最も重点を置いているのです。
つまり、相続税をどれだけ節税したとしても、結果的に資産が減ってしまっては意味がない。逆に、相続税を支払ったとしても、最終的に資産が減らなければいいという考え方です。

プレミアムファイナンスを活用する方法

では、どうやって「資産保全」するのかというと、プレミアムファイナンスという海外生命保険を活用した仕組みを利用する方法があります。

この仕組みを利用して、「資産保全」という考え方で相続税対策を行うと、遺産相続があることでむしろ資産が増える、ケースによっては倍になることもあります。

日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、海外の富裕層の間では相続税対策としても非常に有効な手法のひとつとして知られています。

taxes-1015399_1280

詳しい仕組みを知りたい方は、ぜひ下記よりお問い合わせください。
bu_produce_contact

関連記事


ページ上部へ戻る